メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意

衆院憲法審査会の開催を見送りへ 立憲など野党6党派、開催応じず

 自民、公明両党は27日、2019年度予算成立後、初めての定例日となる28日の衆院憲法審査会の開催を見送る方針を決めた。立憲民主党などが応じないため。森英介会長(自民党)は幹事懇談会を28日に開くことを職権で決めたが、主要野党は欠席する構えだ。

 立憲など野党6党派は27日に国対委員長会談を開催。安倍晋三首相が自衛隊の存在を明記する憲法改正を目指す理由と…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定

  2. 「コロナのばかたれーっ!!」広島県観光連盟がポスター 帰省自粛の思い代弁

  3. 東京福祉大総長が復職 過去に強制わいせつ罪で実刑判決 文科省への説明、ほごに

  4. レオパレス改修計画、4年延期 「2024年中に完了」 入居者らからの批判必至

  5. 菅首相の大ブーメラン「偽証罪に問われる証人喚問を」民主政権を鋭く追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです