新元号、4月1日昼に公表へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影
菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 政府は27日、新元号について、菅義偉官房長官が4月1日昼ごろに記者会見を開いて発表する調整に入った。安倍晋三首相も談話を発表する見通し。新元号発表に先立ち、首相は今月29日に皇太子さまに面会し、発表の手続きを説明することを検討している。複数の政府関係者が明らかにした。

 政府は4月1日、菅長官が有識者による「元号に関する懇談会」を開き、複数の候補案を示し、意見を求める。その後、菅長官が衆院議長公邸で衆参両院の正副議長から意見聴取を行う。そのうえで、全閣僚会議で新元号を決定し、閣議で新元号を定める政令を決定。これを受け、菅長官が新元号を発表する。政府は一連の手続きには2時間半程度かかると見込んでおり、午前中から手続きに入る予定だ。

 1989年1月7日の「平成」への改元時は、政府は全閣僚会議後に事務方を通じて新天皇陛下に新元号決定を伝えた。政府は今回も前例を踏襲し、4月1日の新元号発表前に陛下と皇太子さまに報告する検討を進めている。自民党保守系議員は、1人の天皇の治世に一つの元号という「一世一元制」を重視し、「公表前に皇太子さまへ報告しないと批判される」と首相に伝えていた。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集