関電と京セラが太陽光発電で新会社 今秋、関東・中部からサービス開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新会社設立を発表した関西電力の岩根茂樹社長(右から2人目)や京セラの谷本秀夫社長(同3人目)ら=大阪市北区で2019年3月27日、小坂剛志撮影
新会社設立を発表した関西電力の岩根茂樹社長(右から2人目)や京セラの谷本秀夫社長(同3人目)ら=大阪市北区で2019年3月27日、小坂剛志撮影

 関西電力と京セラは27日、新築の戸建て住宅に太陽光発電システムを設置して電力供給する新会社「京セラ関電エナジー合同会社」を4月1日に設立すると発表した。今年秋ごろに関東と中部地方からサービスを開始し、5年間で普及軒数4万軒を目指す。

 住宅の屋根に京セラ製の太陽光発電システム(発電能力・平均5キロワ…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

ニュース特集