出光、昭シェル統合で石油業界は2強時代に 再編のキーワードは「業転」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石油元売り業界の再編の歴史
石油元売り業界の再編の歴史

 石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油が4月1日に経営統合し、石油業界はガソリンスタンド(SS)「エネオス」を展開する首位のJXTGホールディングス(HD)との2強時代に入る。かつて15社ほどが乱立した元売り会社は、幾多の再編を経てコスモエネルギーホールディングスも加えた3社に集約される。だが、人口減少や世界的な電気自動車(EV)の普及など業界を取り巻く厳しい状況は続く。【袴田貴行】

 業転(ぎょうてん)――。この聞き慣れない言葉が、業界再編のキーワードだ。

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1431文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集