メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンジュラス外相、不法移民防止へ「薬物止める壁と投資を」 来日インタビュー

インタビューに応じたホンジュラスのマリア・ドロレス・アグエロ外務・国際協力相=東京都港区で2019年3月21日、庭田学撮影

 中米ホンジュラスのマリア・ドロレス・アグエロ外務・国際協力相が来日し、東京都内で毎日新聞のインタビューに応じた。同国などから米国を目指した移民集団「キャラバン」について「不法移民を減らすには、国内の治安対策のほか、雇用創出のために投資を増やさなければならない」などと語った。

 キャラバンの背景についてアグエロ氏は、ツイッターなどで「米国に入国できる」との偽の情報が拡散されたことがあったとの見方を示し「現在、人々は米国にたどり着くことが困難であると理解している」と語った。キャラバン参加者のうち7270人が帰国したという。

 国民が米国を目指す主な理由について「かつては治安問題だったが、2014年に比べ殺人事件は40ポイン…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文981文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです