北京・清華大の許教授が停職処分に 天安門事件の再評価を要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・浦松丈二】中国指導部の政治路線を批判していた北京の名門大学、清華大の許章潤(きょ・しょうじゅん)教授が今月から停職処分になっていることが分かった。関係者が27日、明らかにした。中国の民主化を求める学生らを武力鎮圧した天安門事件から6月で30年になるのを前に、言論管理が強化されている模様だ。

 許教授は昨年7月にインターネット上で論…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文279文字)

あわせて読みたい

注目の特集