メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初

他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

「コインハイブ」が他人のパソコンを作動させてマイニング(採掘)する仕組み

 仮想通貨を獲得する「マイニング(採掘)」のため、閲覧者のパソコンの演算機能を無断で動かすプログラム「コインハイブ」を自身のウェブサイトに保管したなどとして、不正指令電磁的記録(ウイルス)保管の罪に問われた東京都のウェブデザイナーの男性(31)に対し、横浜地裁(本間敏広裁判長)は27日、無罪(求刑・罰金10万円)を言い渡した。

 男性は2017年10~11月、自身が管理・運営するサイトに、閲覧者に知らせず、閲覧しただけで仮想通貨「モネロ」をマイニングさせるコインハイブを設置したとされた。

 同罪は、コンピューターウイルスを「意図に沿った動作をさせず、不正な指令を与える電磁的記録」と定義しており、コインハイブが該当するかどうかが争点となった。

 判決はコインハイブについて、閲覧者への影響が少ないなどとして、不正な指令を与えるプログラムに該当すると判断するには合理的な疑いが残ると指摘。「捜査当局などの公的機関による事前の注意喚起や警告もない中、いきなり刑事罰に値するとみて責任を問うのは行き過ぎの感を免れない」と述べた。

 またコインハイブの機能について、「人の意図に反する動作をさせるべきプログラム」と認定。演算機能を提供したユーザーに報酬として仮想通貨を支払うというマイニングの本質的な要素を損なっているとした。一方コインハイブを設置してサイト開設者が仮想通貨を得てサイトの質が維持・向上されるなら、演算機能を提供した閲覧者の利益となる側面があると指摘した。

 その上で、影響はサイトを閲覧している間に限られ、電力消費の程度も一般的にネット上で表示される広告プログラムの消費程度と変わらないとして、閲覧者への影響は少ないと判断した。

 男性は昨年3月、同罪で略式起訴され、横浜簡裁から罰金10万円の略式命令を受けた。しかし男性は命令を不服として横浜地裁に正式裁判の申し立てを行い、裁判に移行していた。男性は判決後の記者会見で「ひとまず安心した。ただし、家宅捜索をされ取り調べを受けるという裁判までのフローは問題だったと思う」と話した。【木下翔太郎、杉山雄飛】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです