メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「高1自殺、8時間監禁・指導と原因認めず」 賠償請求を棄却 大阪地裁

 大阪府立高1年の男子生徒が2015年に自殺したのは、教員らが約8時間にわたって監禁状態にして指導したのが原因だとして、遺族が府に約7800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は27日、請求を棄却した。金地香枝裁判長は「教育的指導の範囲を逸脱したとは言えない」と判断した。遺族側は控訴する方針。

 判決によると、生徒(当時16歳)は15年5月、授業中に大声で話していた同級生の頬をたたくなどしてけ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 首相による違法行為の可能性は?「桜を見る会」野党ヒアリング詳報1

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです