メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤清正に朝鮮出兵を…秀吉「朱印状」見つかる 愛知の旧家

加藤清正に出兵を命じる豊臣秀吉朱印状(部分)。文書の左端に秀吉の朱印が押されている=愛知県刈谷市の市歴史博物館で2019年3月27日午後5時半、亀井和真撮影
加藤清正に出兵を命じた「豊臣秀吉朱印状」=愛知県刈谷市の市歴史博物館で2019年3月27日午後5時半、亀井和真撮影

 戦国武将の豊臣秀吉が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の際、重臣だった加藤清正(1562~1611)に出兵を命じた「朱印状」が愛知県刈谷市の寺で見つかり27日、報道陣に公開された。

 市歴史博物館によると、朱印状は縦21・5センチ、横125・5センチ。江戸時代に旧刈谷藩士だった旧家の菩提(ぼだい)寺で発見され、昨秋に同館に寄贈された古文書数百点の一つで軸装されていた。

 朝鮮出兵の1592(文禄元)年3月23日、主計頭(かずえのかみ)に任じられていた加藤清正への書状で、「高麗に出陣して陣を固めたら早々に知らせること」と命じている。「異国の者はそんなに強くないと思って、決して油断はしないように」と念を押しているほか、先に出兵を命じた九州や四国、中国地方の大名と相談し「城の守りを固めて、つつがなく進めるように」と戦いの展開を見通すような言葉が並んでいる。秀吉の命令を筆記する書記役「右筆(ゆうひつ)」が記し、秀吉の朱印(直径3・8センチ)が押されている。

 朱印状は当時京都の聚楽第にいた秀吉が、熊本にいた清正に出兵を命じたもの。同館によると、朝鮮出兵した黒田長政の家譜で清正らに出兵を命じた文書の存在は知られていたが、実物は見つかっていなかった。加藤家が江戸時代初期に改易され、散逸したとみられる。

 豊臣秀吉の古文書に詳しい名古屋市蓬左文庫の鳥居和之文庫長は「(朱印状は)他の大名に広く出されていたものと考えられるが、1次史料はなかった。清正は有名な武将だが家が断絶して資料が散逸している。発見は大変喜ばしい」とコメントしている。【亀井和真】

清正宛ての朱印状・写し

去九日之書状今日

廿三日到来、加披見候、

先書ニ如被仰遣候、対馬守・摂津守高麗ヘ定而

可相越候条、其方も

至高麗船付令着

岸、取固候て早々注進

可申候、異国者手ぬるく候

とて、少も不可由断候、

九州・四国・中国衆

何茂高麗ヘ渡海之

儀、被仰遣候、御先勢

路次つかへ候ニ付而、廿

五日御動座候、猶以

城々堅相拵、皆々申

談無卒尓様可成

其意候也、

 三月廿三日(朱印)

  加藤主計頭とのへ

※愛知県刈谷市歴史博物館の資料より

清正宛ての朱印状・現代語訳

 (3月)9日の書状が今日23日に着いたので見たところである。以前出した書状でも記したが、宗義智・小西行長を高麗へ向かうように命じている。お前も高麗に出陣し、陣を固めたら早々に知らせること。異国の者はそんなに強くないと思って、決して油断はしないように。九州や四国、中国地方の大名へは既に高麗へ出兵するよう伝えている。先に行った者たちが道中で詰まっているので、25日に(私が)出陣する。城の守りを固めて、皆で相談をしてつつがなく進めるように。

 3月23日 秀吉

 加藤主計頭(清正)殿へ

※愛知県刈谷市歴史博物館訳

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです