安保法制違憲訴訟、元内閣法制局長官ら3証人尋問決定 前橋地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使容認などを柱とする安全保障関連法の違憲性が争われている集団訴訟で、前橋地裁(渡辺和義裁判長)は27日、第7回口頭弁論で、原告側が申請していた専門家3人の証人尋問を認めた。全国22地裁で同様の訴訟が起こされているが、証人尋問が認められたのは初めて。6月13日に予定している。

 証人は、元内閣法制局長官の宮崎礼壹▽東京新聞編集委員の…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

あわせて読みたい

注目の特集