メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬物依存とどう向き合う(前編)「安易な出演作の配信中止は問題」

松本俊彦さん=東京都小平市の国立精神・神経医療研究センターで2017年11月10日午後5時59分、田口雅士撮影

薬物依存症治療の第一人者、松本俊彦氏に聞く

 コカインを使用したとして、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたのを受け、出演作の取り扱いをめぐって「作品に“罪”を問うべきか」が論争となっている。薬物依存症治療の第一人者、松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター部長は、治療者や回復を支援する立場から新しい視座を提示する。「安易な配信中止や自粛は、薬物の問題を抱える人を孤立させ、回復を阻害する。薬物問題の解決にかえって逆効果」と指摘するのだ。薬物依存症とどう向き合ったらいいのか。松本さんの提言を3回にわたってお届けする。【統合デジタル取材センター/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り3279文字(全文3586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです