メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬物依存とどう向き合う(前編)「安易な出演作の配信中止は問題」

松本俊彦さん=東京都小平市の国立精神・神経医療研究センターで2017年11月10日午後5時59分、田口雅士撮影

 コカインを使用したとして、ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたのを受け、出演作の取り扱いをめぐって「作品に“罪”を問うべきか」が論争となっている。薬物依存症治療の第一人者、松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター部長は、治療者や回復を支援する立場から新しい視座を提示する。「安易な配信中止や自粛は、薬物の問題を抱える人を孤立させ、回復を阻害する。薬物問題の解決にかえって逆効果」と指摘するのだ。薬物依存症とどう向き合ったらいいのか。松本さんの提言を3回にわたってお届けする。【統合デジタル取材センター/小国綾子】

 ――瀧容疑者の出演作品については、2013年のNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の再放送や配信までが中止となりました。一方、映画「麻雀放浪記2020」は予定通り公開されることが決まりました。

この記事は有料記事です。

残り3202文字(全文3586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 和田アキ子『アッコにおまかせ!』でギネス記録認定 生バラエティーの同一司会者最長34年357日

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. この国に、女優・木内みどりがいた <6>急逝2カ月半前 パキスタンのスラムで何を見たのか

  5. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです