メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段、18年度勝率1位確定8割4分9厘 竜王戦で勝利 45勝8敗

藤井聡太四段=東京都渋谷区で2017年10月28日、佐々木順一撮影

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が自身の2018年度最終対局となる竜王戦4組ランキング戦準々決勝で中田宏樹八段(54)に110手で勝ち、準決勝へ進んだ。これにより藤井の18年度の成績は45勝8敗(未放映のテレビ対局を含む)となり、勝率は8割4分9厘で、30局以上対局した全棋士中2年連続の1位が確定した。

 「苦しい将棋だった」と感じていた将棋を終盤に逆転した藤井は「一局一局全力で戦って、前年度の勝率をわ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文554文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです