メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の事件ジャーナリズム史

(11)綾瀬母子殺人事件のえん罪と容疑者呼称の採用

「呼び捨てをやめます」と宣言した毎日新聞の1面社告

 1989年11月1日の毎日新聞朝刊1面に「呼び捨てをやめます」の見出しで社告が載りました。少し長くなりますが引用します。

 「毎日新聞社は『事件・事故報道における被疑者の呼称』について見直しを検討してきましたが、本日11月1日付紙面から呼び捨てをやめることにしました。捜査当局に逮捕されたり、指名手配された被疑者には、その氏名の後に法律的立場を示す『容疑者』の呼称などをつけます。毎日新聞はこれまで報道される側の人権に配慮しながらも、犯罪の内容、被害者・市民の感情、その時の社会通念などを考慮し、逮捕された被疑者の氏名は原則として呼び捨てで報道してきました。しかし(1)逮捕された段階で呼び捨てなのに、起訴され裁判の段階では『被告』の呼称を付す現報道には矛盾がある(2)法的には、有罪判決確定までは無罪と推定される--などの理由もあり『容疑者』の呼称を付けることにしたものです。ほかに肩書、職業なども併用することがあります」

 今は、新聞、テレビのどの事件報道の記事をみても、逮捕された人物を呼び捨てにしているものはありません…

この記事は有料記事です。

残り2385文字(全文2847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです