メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新芸術家協会の経営危機を報じた毎日新聞の記事(1981年8月1日付夕刊)

 「クラシック音楽〝呼び屋〟の最大手『新芸術家協会』ピンチ」。毎日新聞の記事によれば、7月31日に約200万円の不渡り手形を出し、経営危機が表面化。西岡芳和社長は取材に対し「(不渡り手形は)社内の者が詐取したものだ」と答えている。

 新芸は同年秋にディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、カラヤンとベルリン・フィルを招請予定で、前売り券も販売されていた。特に後者はTBSが創立30周年記念特別番組で中継することになっており、西岡は影響を最小限に食い止めるべく、6月1日付でTBSに要望書を提出し興行の肩代わりを申し入れた。最終的にはTBSを中心に電通、音楽事務所の東京コンサーツで構成された実行委員会が公演の主催者となった。

 当時の新芸社員、児玉真はこう振り返る。

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文2744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです