メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新芸術家協会の経営危機を報じた毎日新聞の記事(1981年8月1日付夕刊)

 「クラシック音楽〝呼び屋〟の最大手『新芸術家協会』ピンチ」。毎日新聞の記事によれば、7月31日に約200万円の不渡り手形を出し、経営危機が表面化。西岡芳和社長は取材に対し「(不渡り手形は)社内の者が詐取したものだ」と答えている。

 新芸は同年秋にディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、カラヤンとベルリン・フィルを招請予定で、前売り券も販売されていた。特に後者はTBSが創立30周年記念特別番組で中継することになっており、西岡は影響を最小限に食い止めるべく、6月1日付でTBSに要望書を提出し興行の肩代わりを申し入れた。最終的にはTBSを中心に電通、音楽事務所の東京コンサーツで構成された実行委員会が公演の主催者となった。

 当時の新芸社員、児玉真はこう振り返る。

この記事は有料記事です。

残り2411文字(全文2744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  3. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです