メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

情報提供:カートップ

違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

周囲への意思表示が重要となる

 ショッピングモールの駐車場やコインパーキングなど、不特定多数のユーザーが使用する駐車場では、スムースな利用を行うために守っておきたいマナーが存在する。明確なルールとして決まっているわけではないものもあるが、無用なトラブルを避けるためにも心掛けておきたいポイントをご紹介しよう。

1)駐車時にはハザードを点灯する

 空いている駐車枠を見つけたときは当然ながら減速する。しかし、後続車にはその減速が駐車をするための減速なのか、歩行者がいたため減速したのか、カーブを曲がるために減速したのか判断が付かないことも少なくない。そのため、バックしようとしたら後続車が後ろにぴったりついていた……なんてことも。

 そうならないためにも、駐車枠を発見したら「ここに停めたいです!」という意思をアピールするためにハザードランプを点灯すると大概の人は「ああ、駐車するんだな」と判断し、車間を詰めることを止めてくれるはずだ。

駐車場

2)(私有地でも)一方通行は守る

 それほど広くない駐車場や高速道路のPA、SAなどは通路が一方通行となっている場所も少なくない。ちょっと行き過ぎてしまった、とか出口に近いから、という理由で一方通行を逆走する車両を時たまみかけることがあるが、言うまでもなくこれは非常に危険な行為となる。

 駐車場は基本的に私有地となるため、取り締まりの対象にはならないが、万が一事故が発生した際の責任が重くなることは想像できるだろう。

駐車場

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです