メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

人材確保、急ピッチ 外食、特定技能で正社員に

飲み物や料理の提供の仕方の研修を受けるベトナム人アルバイトたち。右端は指導するグエン・バン・トアンさん=東京都千代田区内神田で2019年3月20日17時25分、和田武士撮影

 新しい在留資格「特定技能」を創設して外国人労働者の受け入れ拡大を図る新制度が4月にスタートする。対象は人手不足が顕著な14業種。当面の担い手は既に日本で働く技能実習生が中心となるが、新規参入する外食業は、希望者に技能試験を実施して受け入れる予定だ。留学生アルバイトに試験を受けさせて正社員としての採用を図る動きもあり、人材確保に向けた動きが急ピッチで進む。【和田武士】

 「こちら生ビールでございます!」。今月20日夕、東京・JR神田駅近くのビル2階。「テング酒場」などを展開する「テンアライド」(東京)の研修センターで、採用されたばかりのベトナム人アルバイト4人が接客の練習をしていた。日本語力向上のためにこの仕事を選んだという女子日本語学校生(19)は「将来は日本の飲食関係の会社で働きたい」と笑顔を見せる。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです