メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

金敷駸房書作品展 旺盛な表現意欲

ぬるき火の瀧

 金敷駸房書作品展(31日まで、高知市本町3の高新画廊)は、書人の過剰とも呼べる旺盛な表現意欲が伝わってくるだろう。

 金敷駸房さんは1973年、東京都大田区生まれ。毎日書道展審査会員、創玄書道会監事、三駸書道会主宰。NHK大河ドラマ書道指導を務めている。

 第13回手島右卿賞受賞を記念した個展。歴代受賞者としては、仲川恭司さん、池野直美さんらがいる。

 東京都美術館で開かれた「見る、知る、感じる-現代の書」で話題をよんだ「槐多の瀧 Kaita Fal…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです