メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄席

四代目円歌襲名披露興行 笑いと涙で揺さぶる=評・濱田元子

 どっと笑わせ、そしてホロリとさせる。新時代の爆笑王と呼ぶにふさわしく、観客の心をがっちりつかむ快調な滑り出しだ。

 一昨年4月に亡くなった師匠の名跡を継ぎ、四代目を襲名した歌之介改め三遊亭円歌。50日間の披露興行は大初日から大入りで幕を開けた。

 「山のあな、あな」で一世を風靡(ふうび)した先代が生前から指名していた。幸福な襲名である。1978年に入門し、87年に18人抜きで真打ち昇進した。実力は折り紙付きだ。寄席での披露目期間中に60歳の還暦、師匠の三回忌、そして改元を迎える。これほどの舞台もないだろう。

 客席のお祝いムードが心地いい。中入り後、口上に並んだのは、落語協会最高顧問の鈴々舎馬風、同会長の柳…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文845文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです