映画

「よあけの焚き火」 大蔵流狂言方親子、「特訓」表現

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=桜映画社提供
=桜映画社提供

 大蔵流狂言方の大蔵基誠・康誠父子が本人役で主演した映画「よあけの焚(た)き火」(製作・桜映画社)が公開されている。記録映画などを手掛けてきた土井康一監督による、初の長編。

 4歳で初舞台を踏んだ康誠は現在10歳。不惑の父と厳寒の山小屋にこもり、本番に向けた特訓を受ける、という設定だ。そこで出会ったのは、両親を震災で失い祖父(坂田明)に引き取られた咲…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

あわせて読みたい

注目の特集