メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ここに注目

19大阪ダブル選/2 長期ビジョンと調整力 日本総合研究所関西経済研究センター長・石川智久さん

大阪ダブル選の争点について話す日本総合研究所関西経済研究センター長の石川智久さん=大阪市西区で、梅田麻衣子撮影

 ダブル選の最大の争点は、市を廃止・再編する「大阪都構想」を進めるかどうかではなく、大阪や関西の経済をいかに活性化させていくか、であるべきだ。2025年大阪・関西万博の開催までわずか6年。やるべきことが山積し、半年の遅れが死活的な悪影響を与えかねない。政治の混乱を避けて経済をいかに振興するか、真剣に議論してほしい。選挙を機に、都構想を巡る「大阪ムラのけんか」が起きるのは許されない。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文856文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです