メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
桐生麻耶

春を呼ぶ“嵐”のステージ OSKトップ就任でお披露目公演

OSK日本歌劇団のトップスターに就任した桐生麻耶=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 97年の歴史を誇るOSK日本歌劇団の新トップスターに桐生麻耶が就任し、お披露目公演となる「レビュー 春のおどり」が4月13~21日、大阪松竹座(大阪市中央区)で開かれる。桐生は「(舞台を楽しむ)私たちの思いがお客様にも届くようなステージにしたい」と意気込む。

 約4年劇団を率いた高世麻央の後を継ぎ、昨年8月にトップ就任。栃木県出身で、陸上選手としてインターハイで活躍した異色の経歴を持つ。体育大在学中に友人から借りたビデオでOSKの舞台に魅了され、中退して劇団付属の養成校に入った。

 入団後は175センチの長身とエネルギッシュなダンスで存在感を発揮したが、OSKは厳しい時代が続いた…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです