メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮古市

雨水ポンプ場開設式 浸水被害に対応 /岩手

 宮古市宮町3に公共下水道の千徳雨水ポンプ場が完成し27日、現地で開設式があった。一帯は低地のため2016年8月の台風10号では道路が冠水し住宅が被害を受けるなどこれまでも浸水被害が絶えず、住民は「これで安心できそう」と胸をなでおろした。

 完成した雨水ポンプ場は元々規模の小さなポンプ場があった240平方メートルの敷地に、計毎秒3・2トンを排水できるポンプ2基を…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです