連載

ちばの底力

毎日新聞デジタルの「ちばの底力」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ちばの底力

ケー・イー食品開発 富里密着の和菓子作り /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富里市名産のスイカの果汁を加えたあんはピンクで、口の中に入れると、ほんのりと甘く、スイカの香りがする。1月に和菓子「三笠焼(みかさやき)とみちゃん」を発売した。ピンクのあんは、白あんにスイカの果汁、砂糖などを入れて混ぜ、熱を加えるとできあがる。あんを包む生地にもスイカの果汁を加え、カステラのようにやわらかい。

 大木和己社長(65)は「富里の名物になるような和菓子を作りたい」と、昨年6月に開発を始めた。加熱すると煮詰まって甘くなりすぎ、香りがとんでウリのような青臭さが残ったが、温度や時間を調整して改良した。食物繊維を入れ、糖質をカットしている。事務所併設の直売所で、1個270円で販売する。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文744文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集