メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

死亡男性の遺族が豊橋医療センターを 5600万円賠償求め /愛知

 2012年に当時50代の男性が大動脈解離で死亡したのは医療過誤があったためとして、男性の遺族が26日、国立病院機構豊橋医療センター(豊橋市)に約5600万円の損害賠償を求め、名古屋地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は12年秋に背中や胸の痛みを訴えて同センターを受診し、MRI(磁気共鳴画像化装置)…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  2. 青森・八戸で女子児童が男に首切られる

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 富士登山の動画配信中に滑落か 警察の捜索難航

  5. 池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです