メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧伊賀市役所南庁舎

市文化財指定が波紋 市議会「利活用審議中の案件」 /三重

庁舎移転で空き家になった三重県伊賀市役所旧南庁舎内部=同市上野丸之内で、大西康裕撮影

 旧伊賀市役所南庁舎(旧上野市庁舎)=上野丸之内=が26日に市指定文化財になり、27日の取材で岡本栄市長は「冷静に判断いただいた」と歓迎した一方、市議会の岩田佐俊議長は「(旧庁舎地の利活用法について)審議中の案件だ。考えられない」と猛反発するなど、市教委の文化財指定が波紋を広げた。

 市教委によると、26日の市教委定例会で他の指定案件2件と一括して笹原秀夫教育長が教育委員4人にはかり、笹原教育長を含む賛成3人で指定が決まった。委員からは「なぜこの時期に指定ですか」などと質問があったと…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです