メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県 「新庁舎整備室」を新設 女性管理職は11.9% /兵庫

 県は27日、4月1日付の組織改正と人事異動を発表した。県庁建て替えと周辺まちづくりを推進するため「新庁舎整備室」を新設。津波や高潮などへの防災対策を推進するため県土整備部に局長級の県土安全参事を置く。人事異動の総数はほぼ昨年並みの2161人。本庁課室長級以上の女性管理職の割合は11・9%で昨年より2・3ポイント増えた。

 新庁舎整備室は、基本計画策定や新しいオフィススタイルを検討する新庁舎企画課と技術的な業務を担当する新庁舎整備課の2課で構成。基本計画は2019年度中に策定する方針だ。県・神戸市共同の新長田合同庁舎(同市長田区)への神戸県民センター移転を8月から開始。9月には合同庁舎に入る西神戸県税事務所と神戸県税事務所を統合する。

この記事は有料記事です。

残り7267文字(全文7587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「思い出の父はいつも酔っている」 アルコール依存症の家族描いた漫画に反響続々

  2. ORICON NEWS 『CanCam』付録に「のび太&しずかの婚姻届」 実際に提出できる様式

  3. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  4. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  5. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです