メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雲南・西小

“コウノトリ校長”和田邦子さんが定年に 命の尊さ、自然の豊かさ教え /島根

児童から贈られたコウノトリの絵や人形を校長室に飾っている和田邦子さん=島根県雲南市の市立西小学校で、山田英之撮影

 雲南市立西小学校(同市大東町仁和寺)の“コウノトリ校長”こと和田邦子さん(60)が今月末で定年退職する。地元に営巣した国の特別天然記念物・コウノトリを身近な教材と捉えて授業に取り入れ、命の尊さや雲南の自然の豊かさを子どもたちに伝えてきた。繁殖の先進地・兵庫県豊岡市の小学校との交流も実現させた。退職後はコウノトリ学習を支援するボランティア団体を発足させる。【山田英之】

 西小の近くの電柱にコウノトリが巣を作ったのは2017年3月。国内の野生コウノトリが1971年に絶滅…

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです