メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

会長職廃止を提言 特別委、経営と監督分離

 日産自動車が外部の弁護士らをメンバーに設置した特別委員会は27日、ガバナンス(企業統治)の改善に向けた提言を発表した。前会長、カルロス・ゴーン被告に過度に権限が集中したことが不正の温床になったと指摘し、社外取締役による監督機能を強化すべきだと強調。会長職の廃止や社外取締役の権限を強めた「指名委員会等設置会社」への移行などを求めた。

 特別委は会社法違反などで起訴されたゴーン前会長による一連の不正について「経営者が私的利益を追求している点で、『会社のため』を不正の根拠にした過去の上場会社での不正と根本的に異なる。主な原因はゴーン氏への人事・報酬を含む権限の集中」と指摘。記者会見した特別委共同委員長の西岡清一郎弁護士は「不正行為を防げなかった日産のガバナンスに問題があった」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです