メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

爆発事故の報道統制=坂東賢治

 <moku-go>

 中国文明を生んだ黄河は古来、洪水などで流れを変えてきた。今は山東半島の北側で渤海湾に注ぐが、19世紀半ばまでの700年間は半島の南側で黄海に流れ込んでいた。「廃黄河」と呼ばれる川が名残だ。その川の河口に位置する江蘇省塩城市で21日、化学工場の大規模な爆発事故が起き、80人近くが死亡した。

 中国では30人以上が死亡すれば特別重大事故と呼ばれ、行政責任や企業責任が厳しく追及される。現場には…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです