メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外北海道が緊急事態宣言 知事「今週末の外出控えて」 新型コロナ
19年度予算

成立 野党共闘、見通せず 国会論戦不発/選挙区調整も難航

参院本会議で2019年度予算案の採決があり、記名投票する議員たち=国会内で2019年3月27日午後2時53分、川田雅浩撮影

 27日の2019年度予算の成立に対し、野党は「予算さえ通ればそれでいいわけではない」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)などと反発を強めた。国会での協力を通じて夏の参院選での共闘につなげたい野党。しかし、各党の思惑のずれが目立ち、野党共闘の展望は開けていない。【小田中大、遠藤修平】

 「共通事業所の実質賃金を出さないまま予算審議を終えることに非常に憤りを感じる」。立憲の辻元清美国対委員長は27日、国会内で記者団に怒りをぶちまけた。毎月勤労統計の調査対象入れ替え前後で共通の事業所を比較する実質賃金の「参考値」は、野党がアベノミクスの成否を表す指標として予算の衆院審議中から求め続けてきたものだからだ。しかし、厚生労働省は公表の可否判断を4月以降に先送り。統計不正問題の解明は消化不良に終わった。

 参院では、消費増税の是非や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に向けた名護市辺野古沿岸部の埋め立て、桜田義孝五輪担当相ら閣僚の資質などでも政府を追及したが、逆に的が絞りきれず低調な論戦となった面も否めない。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです