メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

世界幸福度ランキング=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 先週、国連が世界幸福度ランキングを発表した。日本は、今年も順位を下げて58位。ブラジルやウズベキスタン、更にはお隣の韓国よりも下位だ。国民の幸福度向上は、国にとって最も大切なことで、憂慮すべき事態といえよう。ただ、このランキングには、違和感を覚えるところがある。

 内閣府が昨年6月に行った国民生活に関する世論調査では、現在の生活に満足している国民の割合は過去50年で最高の74・7%。幸福度が上がってしかるべき状況なのだ。NHKニュースでインタビューに答えていた人たちも、「かなり上なんじゃないですか」「19位くらいですかねえ」などと答えていた。それが58位と聞いてびっ…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです