メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

貴景勝光信さん=大相撲で大関に昇進した

大関昇進伝達後の記念撮影で笑顔を見せる貴景勝=大阪市中央区で2019年3月27日、平川義之撮影

貴景勝光信(たかけいしょう・みつのぶ)さん(22)

 昇進を伝える使者を待つ間、流れる汗をタオルで何度も拭き、肩で息をした。「決意はしっかり言えた。実感が湧いてきた」。緊張から解き放たれ、いつも通りの引き締まった表情に戻った。

 武将・上杉謙信の後継者、景勝(かげかつ)から名付けられたしこ名が有名だが、本名の佐藤「貴信(たかのぶ)」も後に師匠となる元横綱・貴乃花と織田信長にちなむ。2人のファンだった父一哉さん(57)が「高い地位にたどり着いて」と願いを込めた。

 兵庫県芦屋市で育ち、小学3年で本格的に相撲を始めるまで空手にも熱中した。闘争心むき出しの性格は団体…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文672文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです