特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之王位-久保利明九段 第41局の2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

昼下がりの大長考

 浮月楼での最終一斉対局は2期連続、3度目になる。前期の激闘は記憶に新しい。6勝3敗でトップにあった久保と豊島がそろって敗れ、終わってみれば空前の6者プレーオフ。2人にとっては悪夢のような結末だったろう。あれから1年。その2人が今期は最終戦で盤を挟む。

 前日の夕方、対局者はそれぞれに割り振られた部屋で検分を行った。検分と言うと何やらいかめしく聞こえるが、平たく言えば下見である。盤駒の棋具類や照明、空調の具合を確認する。翌日は朝から深夜まで、丸1日をかけて挑戦や残留を懸けた真剣勝負を繰り広げる。そ…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集