メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

惑星の形成、深まる謎 観測進み「京都モデル」見直しも

惑星はどうやってできる?

 恒星の周りを回る地球や木星のような惑星はどのようにしてできたのか。京都大の研究チームが約40年前に提唱した「京都モデル」が標準的なシナリオとして受け入れられてきたが、近年、太陽系外に多くの惑星が見つかるにつれ、この理論が見直されつつある。【斎藤有香】

 ●できつつある現場?

 「私たちの太陽系と似た惑星系があるのかという問いに対し、候補となる天体を見つけたと言える」。今月13日に開かれた日本天文学会の記者会見で、工藤智幸・国立天文台研究員(41)は語った。

 工藤さんらはチリにある電波望遠鏡「アルマ」を使い、地球から約470光年離れた恒星「おうし座DM星」…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです