メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

惑星の形成、深まる謎 観測進み「京都モデル」見直しも

惑星はどうやってできる?

 恒星の周りを回る地球や木星のような惑星はどのようにしてできたのか。京都大の研究チームが約40年前に提唱した「京都モデル」が標準的なシナリオとして受け入れられてきたが、近年、太陽系外に多くの惑星が見つかるにつれ、この理論が見直されつつある。【斎藤有香】

 ●できつつある現場?

 「私たちの太陽系と似た惑星系があるのかという問いに対し、候補となる天体を見つけたと言える」。今月13日に開かれた日本天文学会の記者会見で、工藤智幸・国立天文台研究員(41)は語った。

 工藤さんらはチリにある電波望遠鏡「アルマ」を使い、地球から約470光年離れた恒星「おうし座DM星」…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1739文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです