メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今どきサイエンス

「星よりも、遠くへ」=鴨志田公男

 東日本大震災当日の夜、被災地では、降るような星空が見えた。大停電が起きたことで、人工の光にかき消されていた星々が、本来の輝きを取り戻したからだ。

 あれから8年。仙台市天文台は、震災の日々、夜空を見上げていた被災者の思いを紹介するプラネタリウム番組「星よりも、遠くへ」を製作し、今月から公開を始めた。

 「『震災の夜は星がきれいだったね』、そう言えるだけで少しホッとする」。倒壊した家屋に取り残され、壊れた天井の隙間(すきま)から星空を見ていた男性はそう振り返る。

 「厳しい大自然に生を営む野生動物たちと我々はなんら変わらない」。救助活動中に夜空を見上げた消防士に…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1102文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです