メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第2部 恩師が語る高校時代/8 FW具の成長を支えた 染矢勝義元監督

2016年、サンウルブズの一員として21歳で出場したトップリーグXV戦でトライを決める具智元(左手前)=大竹禎之撮影

 ◆染矢勝義元監督(51)=日本文理大付高

日本で代表、決意固く

 まるで「一人芝居」だった。大分・日本文理大付高でFW具智元(24)=ホンダ=を指導した元監督の染矢勝義さん(51)は、試合翌日のグラウンドに立つ具の姿が忘れられない。

 走り回るのは具、ただ一人。ボールを持ってサイドに走りボールを地面に置くと、立ち上がって次のポイントに向かう。タックルを繰り返し、再び立ち上がって走る。試合の反省を生かしたイメージトレーニングだ。「この子は絶対(レベルが)違うなと思った」

 韓国出身の具が兄智允(ジユン)とともに日本へ渡ったのは、元韓国代表で日本の本田技研鈴鹿(現ホンダ)…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文691文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです