将棋

藤井、年度勝率1位 8割4分9厘、歴代3位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(16)が自身の2018年度最終対局となる竜王戦4組ランキング戦準々決勝で中田宏樹八段(54)に110手で勝ち、準決勝へ進んだ。これにより藤井の18年度の成績は45勝8敗(未放映のテレビ対局を含む)となり、勝率は8割4分9厘で、30局以上対局した全棋士中2年連続の…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

あわせて読みたい

注目の特集