メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/5 不戦の自衛隊、存在感 元陸上幕僚長・冨澤暉さん(81)

元陸上幕僚長の冨澤暉さん=藤井太郎撮影

冨澤暉(ひかる)さん(81)

 「ずっと曇り空だったのが、そのとき急に晴れてきてね。たまたま2人で開け放たれた窓から外を見ていたときのことでした……」。元陸上幕僚長の冨澤暉さん(81)は四半世紀前の情景をはっきり覚えている。そのときの言葉は鮮烈だった。

 1994年10月30日、陸上自衛隊朝霞訓練場(東京都練馬区など)で行われた観閲式。村山富市氏(95)が社会党の首相として初めて出席した。社会党は自民党と連立を組む際に結党以来の政策を大転換。村山氏は「自衛隊は合憲」と表明した。冨澤さんが記憶するのは、式のあとに開催された陸自主催の昼食会直前の控室でのこと。窓の外は淡い光に満ちていた。隣にいた首相は問わず語りにこうつぶやいた。「きょうのわしの言葉を一番喜んでいるのは、社会党の仲間たちなんじゃ」

 自衛隊は創設当初から、憲法違反として批判されてきた。社会党はその急先鋒(せんぽう)だった。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです