豚コレラ

出荷制限解除2日後… 愛知・瀬戸、4140頭殺処分へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県瀬戸市にある養豚団地内の養豚場で27日、豚コレラが発生した。県は同日午後、飼育する豚約4140頭の殺処分を始めた。発生は県内3例目で、同県田原市で養豚団地内の全養豚場が感染したとみなされたことなどから施設数では19カ所目となった。今回の養豚団地には養豚場4カ所で計約1万1000頭の豚を飼育しており、県は感染が広がっていないか検査を続けている。【道永竜命】

 県畜産課によると、26日午前8時半ごろ、この養豚場から死んだ豚が5頭いるとの連絡を受け、県が立ち入り検査をした。死んだ豚2頭を含む22頭の豚を調べた結果、15頭から豚コレラの陽性反応があり、翌27日に国の検査で陽性が確定した。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集