メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中、通商協議を再開 来週も交渉継続

 【北京・赤間清広】米中両政府は28日、貿易戦争収束に向けた閣僚級の通商協議を北京で再開した。米中はトランプ大統領と習近平国家主席による首脳会談での最終妥結を目指しており、対立が続く中国の構造問題や、制裁措置の取り扱いなどをめぐり詰めの協議を行う。

 閣僚級協議は、交渉期限の延期を決めた2月末のワシントン会合以来、約1カ月ぶり。中国商務省によると、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官ら米国側交渉団が同日午後、北京に入り、劉鶴副首相らと夕食会形式の協議…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです