メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「特定技能」で正社員採用の動きも 外国人労働者「新規参入」の外食業界

飲み物や料理の提供の仕方の研修を受けるベトナム人アルバイトたち。右端は指導するグエン・バン・トアンさん=東京都千代田区内神田で2019年3月20日17時25分、和田武士撮影

 新しい在留資格「特定技能」を創設して外国人労働者の受け入れ拡大を図る新制度が4月にスタートする。対象は人手不足が顕著な14業種。当面の担い手は既に日本で働く技能実習生が中心となるが、新規参入する外食業は、希望者に技能試験を実施して受け入れる予定だ。留学生アルバイトに試験を受けさせて正社員としての採用を図る動きもあり、人材確保に向けた動きが急ピッチで進む。

 「こちら生ビールでございます!」。今月20日夕、東京・JR神田駅近くのビル2階。「テング酒場」など…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文807文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです