メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特殊詐欺に暴力団関与 「主犯」の半数 組織の資金源か 警察庁まとめ

警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=東京都千代田区霞が関で、本橋和夫撮影

 振り込め詐欺などの特殊詐欺事件で、全国の警察が昨年1年間に「主犯」として摘発した53人のうち、半数弱の24人が暴力団関係者だった。詐欺グループの末端を統括する「指示役」の摘発者も121人中、暴力団関係者が58人と半数弱を占めた。警察庁のまとめで判明した。

 同庁は、特殊詐欺に暴力団などが深く関与し、組織の大きな資金源としていると分析。組織の弱体化が特殊詐欺抑止に結びつくとの考えから、暴力団などの取り締まりを強化している。

 昨年、特殊詐欺の首謀者やグループのリーダーなど「主犯」として摘発した暴力団関係者は24人(45.3%)だった。「主犯」に占める暴力団関係者の割合は2013年は15.6%(14人)▽14年は26.8%(19人)▽15年は35.8%(24人)▽16年は28.6%(22人)▽17年は46.8%(29人)――で上昇傾向にある。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです