メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新幹線「のぞみ」台車枠亀裂 「正常性バイアス」で停車せず 運輸安全委

車両の台車部分に亀裂などの異常が見つかった「のぞみ34号」の13号車=JR名古屋駅で2017年12月12日午後9時19分(代表撮影)

 東海道・山陽新幹線「のぞみ」の台車枠に亀裂が見つかった問題で、運輸安全委員会は28日、調査報告書を公表した。出発直後から異音や異臭に気付きながら、運転を続けたJR西日本の対応について「『大したことにはならないだろう』という『正常性バイアス』が働いたと考えられる」と指摘した。

 報告書によると、問題の列車(16両編成)は2017年12月11日午後1時33分ごろ、東京駅に向けて博多駅を出発。直後から、亀裂が生じた13号車のデッキで、乗務員が異音に気付いたほか、複数の乗務員が、異臭やもや状の煙を確認したため、岡山駅から車両保守担当者が乗車した。

 異音や振動を確認した保守担当者は無線を通じて、運行を管理する指令員に停車して床下を点検することを打…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです