メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発、差し止めの仮処分申請を却下 大阪地裁

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転を差し止めるよう、京都府南丹市の住民が求めた仮処分申請について、大阪地裁(北川清裁判長)は28日、「原発が安全性を欠き、具体的な危険の存在が明らかになったとはいえない」として、申し立てを却下した。住民側は即時抗告する方針。

 申し立てたのは、大飯原発から約50キロ離れた場所に住む男性(76)。大飯原発の耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」が、適切かどうかが争点となっていた。

 原子力規制委員会委員長代理を務め、大飯原発の基準地震動の審査を担当した島崎邦彦氏は2017年4月、…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです