残業上限なお「過労死認定の倍」 医師の働き方改革、勤務継続に不安も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
残業時間が年1860時間を超える医師がいる病院の割合
残業時間が年1860時間を超える医師がいる病院の割合

 医師の働き方改革について、厚生労働省の有識者検討会が28日に報告書をまとめ、2024年度からの方向性が固まった。一般の医師は、4月から規制が始まる一般労働者と同じ年960時間を残業の上限としたが、地域医療を支える勤務医らは、小幅に縮小したものの、年1860時間まで容認することで決着した。医師の健康を守りつつ医療提供体制へのしわ寄せを避けるための工夫が、行政や医療界、そして患者自身にも求められる。【酒井雅浩】

この記事は有料記事です。

残り1954文字(全文2160文字)

あわせて読みたい

注目の特集