メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

残業上限なお「過労死認定の倍」 医師の働き方改革、勤務継続に不安も

残業時間が年1860時間を超える医師がいる病院の割合

 医師の働き方改革について、厚生労働省の有識者検討会が28日に報告書をまとめ、2024年度からの方向性が固まった。一般の医師は、4月から規制が始まる一般労働者と同じ年960時間を残業の上限としたが、地域医療を支える勤務医らは、小幅に縮小したものの、年1860時間まで容認することで決着した。医師の健康を守りつつ医療提供体制へのしわ寄せを避けるための工夫が、行政や医療界、そして患者自身にも求められる。【酒井雅浩】

この記事は有料記事です。

残り1954文字(全文2160文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです