メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊娠は望んだときに 避けたければコンドームやピルを 中学校で性教育のモデル授業

東京都立南多摩中等教育学校で1月30日に実施された都教育委員会のモデル授業では、宮益坂メリーレディースクリニック(渋谷区)の長岡美樹院長が「今、話しておきたい大切なこと」と題して避妊や人工妊娠中絶手術にも触れた=東京都八王子市で2019年1月30日、市川明代撮影

 東京都教育委員会は教員用の「性教育の手引」の改訂に先立ち、昨年11月から都内5カ所の中学校で産婦人科医によるモデル授業を実施した。1月に都立南多摩中等教育学校であった授業は報道機関にも公開された。宮益坂メリーレディースクリニック(渋谷区)の長岡美樹医師は、与えられた30分間に、妊娠の経過、避妊、人工妊娠中絶の話からアダルトビデオ(AV)の問題点に至るまで、「伝えたいこと」をぎっしり詰め込んだ。そして最後に「寂しいと感じることを恥ずかしいと思わないで」「誰一人、愛されていなかった人なんていない」と訴え、自分自身を大切にしてほしいという思いを伝えた。【市川明代/東京社会部】

この記事は有料記事です。

残り10970文字(全文11259文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです