メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米ワシントンで桜が開花、春の風物詩

 3月27日、米首都ワシントンにある、ポトマック川が注ぎ込む入江「タイダルベイスン」で桜が開花した(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[PR]

 [ワシントン 27日 ロイター] - 米首都ワシントンにある、ポトマック川が注ぎ込む入江「タイダルベイスン」で桜が開花し、スマートフォンで写真を撮影する人などの姿が見られた。

     まだ満開ではなく、花見を十分に楽しむには少し時間がかかりそうだ。

     ワシントンの桜は1912年に日本から寄贈されたもので、毎年この時期は花見客が集まり、春の風物詩となっている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 売れると「認められた」7割 メルカリ、利用者意識調査

    2. 聖火が走ったまち1964-2020 奈良・興福寺 ビール瓶掲げ練習

    3. 五輪マラソン札幌移転でIOC会長が懸念を否定「日本の方々は心配や落胆をしなくていい」

    4. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    5. 昔話のように語り継がれる一日に 古里の農道で「花嫁行列」 三重・伊賀

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです