メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ巨大地震

M8、対象地域に避難勧告 自治体に指針 政府

南海トラフ地震の前震とみられる異常現象が観測された際に、気象庁が出す臨時情報と防災対応

 政府は29日、南海トラフ地震が発生する可能性が高まったと判断された際に自治体や企業が取るべき対応を示したガイドラインを公表した。南海トラフ地震の震源域でマグニチュード(M)8以上の地震が起きた場合、この地震に連動して起きる巨大地震で津波被害が予想される地域の沿岸に対し、避難勧告を発令することなどを求めた。政府は来月にも自治体向けの説明会を開き、来年度内をめどに地域防災計画などに反映させる方針。【最上和喜、池田知広】

 ガイドラインによると、気象庁は南海トラフ地震の「前震」と疑われる異常現象を観測した場合、5~30分…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方
  5. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです