メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

元衆院議員・亀井静香さん 政界を離れてこそ、自由にやれることが

「昔は映画『仁義なき戦い』でおなじみ、広島のヤクザともよく飲んだ。ヤクザも同じ人間じゃ」=東京・四ツ谷で、宮武祐希撮影

 花の季節である。

 さて、政界へと目を転じれば、疑惑や統計不正だとこの国の将来にとってお寒いニュースばかりである。何せ国会に花のある名物議員がいない。この人のような--。

 「『人生は夕方から楽しくなる』か。あのなあ、楽しいかどうかは心の持ちようだ。俺は82歳だ。もう暮れかかっている、なんて思うかもしらんが、元首相の中曽根(康弘)さんはどうだ。100歳だ。20も若い俺が、どうして暮れなきゃならないんだ。そう思わんか? ならば中曽根さんに倣い、俺もあと20年だ。やることがたくさんあるんだから」

 国会議員時代から寸暇を惜しんで東京・四谷の事務所兼アトリエで絵筆を握り続けてきたのは政界で知らない…

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです