メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

東京都台東区など(ジョサイア・コンドル「河鍋暁斎」) 都心に脈々、師弟の名残

 4月6日から神戸市の兵庫県立美術館で開かれる特別展「没後130年 河鍋暁斎」は、幕末から明治前半に活躍した絵師の仕事を紹介する展覧会だ。伝統的な花鳥画で腕を見せるとともに、動物を生き生きと描く戯画で注目され、妖怪や幽霊の絵では現代人をも驚かせる。この鬼才については、暁斎の弟子で、日本の近代建築の父と呼ばれるジョサイア・コンドルが「河鍋暁斎」(岩波文庫)を書き残している。2人のゆかりの地を歩いた。【伊地知克介】

 暁斎は1831年、現在の茨城県古河市の生まれ。7歳で浮世絵師の歌川国芳に弟子入り、後に狩野派の絵師…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1409文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです