メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台をゆく

東京都台東区など(ジョサイア・コンドル「河鍋暁斎」) 都心に脈々、師弟の名残

 4月6日から神戸市の兵庫県立美術館で開かれる特別展「没後130年 河鍋暁斎」は、幕末から明治前半に活躍した絵師の仕事を紹介する展覧会だ。伝統的な花鳥画で腕を見せるとともに、動物を生き生きと描く戯画で注目され、妖怪や幽霊の絵では現代人をも驚かせる。この鬼才については、暁斎の弟子で、日本の近代建築の父と呼ばれるジョサイア・コンドルが「河鍋暁斎」(岩波文庫)を書き残している。2人のゆかりの地を歩いた。【伊地知克介】

 暁斎は1831年、現在の茨城県古河市の生まれ。7歳で浮世絵師の歌川国芳に弟子入り、後に狩野派の絵師…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1409文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです