連載

舞台をゆく

「舞台をゆく」ではドラマや映画のロケ地などを訪ねます。

連載一覧

舞台をゆく

東京都台東区など(ジョサイア・コンドル「河鍋暁斎」) 都心に脈々、師弟の名残

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月6日から神戸市の兵庫県立美術館で開かれる特別展「没後130年 河鍋暁斎」は、幕末から明治前半に活躍した絵師の仕事を紹介する展覧会だ。伝統的な花鳥画で腕を見せるとともに、動物を生き生きと描く戯画で注目され、妖怪や幽霊の絵では現代人をも驚かせる。この鬼才については、暁斎の弟子で、日本の近代建築の父と呼ばれるジョサイア・コンドルが「河鍋暁斎」(岩波文庫)を書き残している。2人のゆかりの地を歩いた。【伊地知克介】

 暁斎は1831年、現在の茨城県古河市の生まれ。7歳で浮世絵師の歌川国芳に弟子入り、後に狩野派の絵師にも学んだ。コンドルは52年生まれの英国人で、77年来日。工部大学校(現東京大工学部)の教授として片山東熊(代表作・京都国立博物館)、辰野金吾(代表作・東京駅)ら建築家を育てた。日本舞踊や落語などにも通じ、81年ごろに暁斎に入門。暁斎の絵日記にも描かれる。暁斎は89年に、コンドルは1920年に亡くな…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1409文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集